スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶賛お引っ越し中。

かけなびさんの世界戦略は、絶賛お引っ越し中です。
なんか、各種かけなびアプリは非対応らしいですわよ。世知が辛い世の中ですわね。

かけなびさんの世界戦略
FC2 Management

転職エントリの前座。

仕事の関係で、地方から東京に来て、感じたことがある。

お前ら電車の路線詳しすぎだ。

もちろん、これだけ交通インフラが発展した街で、生活に必要なスキルだから詳しくなる必要はあるだろう。詳しければ、より短時間で移動が出来る場合だってある。
それにしても必要以上に詳しすぎないか。

相手に住所を聞く場合は、たいていの場合、そこに行くつもりであるか、そこにまつわる話をするためだ。
だが、住所を言った次の返しが「ああ、○○線ね」となる場合が多い。
私は未だにどれだけの路線あるのか把握出来ていないのだが、両手を使っても足らないことは理解できる。ああ、待ってくれ、1023路線もないぞという話は、今はやめておこう。

今さら言うまでもないことだが、東京の場合、都市としてのブランド力がとても強い。
例えば、ブランドの服をを身にまとえば、自分の価値が上がったかのように錯覚するのと同様、都市で生活をすれば、ブランドの一端を担っている気持ちになるのは理解できる。

だが、そこに居るだけでは、置物と同じだ。
一端を担っている、自分が一部である、という実感を得るためには、何らかの帰属意識が必要だ。
参入障壁は高ければ高いほど、帰属意識は高まる。
東京の電車の路線に対する知識は、その試金石なのではないか。
「御社には、○○線から××線に乗り換えれば早いですね」と素早く答えられるかどうか。
東京というブランドを、着こなせている度合いが測られる瞬間だ。

電車の路線に詳しいことが悪いと言っているのではない。
正直に言おう。うらやましいのだ。
参入障壁が高い。ちっとも分からない。

なんだよ、中央総武線って。どっちだよ。ホームいくつあるんだよ。
山手線って言いながら、全然山間部を走ってないじゃないか。
東京臨海高速鉄道りんかい線とか、英語のアナウンスの人がかわいそうだろ。

これだけの知識量が頭に入っているのはうらやましい。
貴方の後頭部にUSBメモリを挿したいぐらいだ。
あ、32MBなんですけど、足ります?え?不明なデバイス?あれ?

ところで、電車社会だからこそなんだなと気が付いたことがある。
時間の正確さだ。
電車の運行時間の話ではない。これに振り回される社会の方だ。
俗に、地方より、東京の方が、ビジネスのスピードは速いと言われる。
電車が一因ではないか。

極端な例をひとつ挙げておこう。
終電だ。
一日の仕事は、終電までに終わらさなければならない。
これを逃せば、翌朝までの選択肢はぐっと減り、コストはぐっと上がる。
そのため、仕事も、最悪の場合でも終電を意識して進めることになる。

地方の車社会だと、これがない。
24時間いつでも帰れるのだ。
無意識に時間を過ごすこともあるかもしれない。

一日の締めとしての終電。一里塚であり、免罪符でもある。

前職まで「会社に住んでるから家賃がもったいない」だの「デスマの神」だの「カレンダーが毎日黒色」とか好き放題言われてきたが。
上京を機会に、仕事のスタンスを変えた。また、変えられるだけの環境を頂いている。
ありがたいことだ。諸君、私は変わったのだ。残念だったな。

無論、ここまで展開させて頂いた東京の文化によるものも大きい。

だが、あえて2つのことを、皆様にお伝えしなければならない。

ひとつ。
会社から家まで徒歩で通勤しているため、終電は関係ない。
あえて言えば、都営交通のバスによる通勤とも言える。

ふたつ。
その都営交通は、私が上京してまもなく、「24時間化しちゃうかも」と突然発表された。

神の称号は、まだまだ私の物のようだ。
そもそも、どこに返すんだ。これ。
これをご覧の貴方、要りません?デスマ神の称号。

年内は休まず営業!

おいしい広島 Advent Calendar 2012 の12月22日を担当させていただきます。かけなびですま。

人の意見に流されない強い子に育って欲しい。
そう願った父は、広島のこの地で、息子を読売ジャイアンツファンに育てました。
小中高と、諸事情により転校を繰り返しましたが、決してジャイアンツの帽子を被って学校に行ったからではありません。いま思えば、あのとき死ぬかと思ったのが産まれて二度目だ。

さて、転校を繰り返したと述べましたが、実生涯成績では広島以外に済んでいた期間の方が長いです。
では、なぜ広島クラスタなのか。
私が拾われた川が、広島だったのです。どんぶらこ、どんぶらこ。

よくある話です。
なぜか親という生き物は、子供に対し「あなたはうちの子じゃありません。拾って来たのです」と言うギャグを言う時期があるのです。
私の親もそうでした。
広島市内を流れる6本の川。そのうちの一本の川の名前を引用して、母は私に告げたのです。
「あなたは、天満川の○○橋の下に、□□というメーカーの段ボールに入って放置されているところを、××月△△日の××時△△分に、○○駅で広島電鉄の電車を降りて家に向かっていた会社帰りのお父さんに、子犬と間違って拾われたの。だから、あなたの名前は、☆☆としたの」
母は日本語に厳しい人です。そのためか、見事な5W1Hでした。若手社員の皆さん、相手に伝える報告はこのようにするものです。いま思えば、あのとき泣きながら家出したのが産まれて二度目だ。

後日談ですが、私の衝撃を見かねた母は、真相を教えてくれます。
「前に話したのは冗談よ。本当は、天満川沿いの○○橋の東側にある産婦人科であなたは産まれたのよ」
もう自転車に乗れるようになっていた私は、興味を持って○○橋に行ってみました。
○○橋の東側には、船着き場がありました、
この日を境に私は、母を人に紹介するときには、育ての母と紹介しています。

そんな育ての母は、私が九州の学校に進学する事になった際、ひとつの事を教えてくれました。
「人間、なにか一芸がなければ生きていけない。あなたは広島風お好み焼きが作れるようになってからでなければ、九州で人に馴染めない」
どう考えても焼酎のお湯割りが作れるようになっている方が人に馴染めると思うのですが、育ての母は真剣でした。

その日から特訓が始まりました。

大阪の人が一家に一台たこ焼き機があるように、広島の人ならお好み焼きは作れて当然だろう。そう思われる方も多いかもしれません。
作れる方も多いようですが、家によってはお好み焼きの作り方が門外不出の場合もあり、家族でも限られた者しか知らない場合もあるのです。ニンジャです。
もっとも我が家の場合は、このままいくとエンゲル係数が3桁になるのではないかと危惧されるほど食べていた育ち盛りの私が、おやつに代わりに「麺トリプル入お好み焼き」を、食べるという事態を受け、「そんなお好み焼きをホットプレートの上でひっくり返せるのは育ての母だけ」という事実があった事は見逃せません。

ただ、外食の場合も多いです。実は、香川県のうどん屋さんの数が約700店に対し、広島県のお好み焼き屋さんの数は約1800店と、もうちょっと他の事に力を注げなかったのかというお店があります。
事実、私の勤務先の会社から最寄りのコンビニに歩くまでにお好み焼き屋が4店あるあたり、あと3店あれば一週間毎日違うお店に行けたのにと思わざるを得ません。週休何日なんだ、うちの会社。

ある日、育ての母に訪ねた事があります。なぜこんなにお好み焼き屋が多いのかと。
曰く、「なんらかの事情により女ひとりで家族を養わなければならなくなったとき。鉄板とヘラがあれば始められるお好み焼き屋は、生計を成り立てるように大変有効」という回答だでした。
子供ながらに、その洞察力には驚きました。
たしかに、町の小さなお好み焼き屋は、おばちゃんがやっているのです。旦那が手伝っている店というのは少ない。まれに手伝ってる店がありますが、製造過程を見ていると、まあお父さんは奥でテレビでも見ててくださいという状況なのです。

子供ながらに尊敬した育ての母の洞察力。その後、育ての母がやたらお好み焼き作りが上手な事、自宅にでかい鉄板があること、家族のかずよりヘラの数が多い事の関連性にまで気がつくのは、その子の成人を待たねばならなかった。

追伸
いいえ、きちんと親父とお袋は仲良くやっています。また、私が近年激太りしてみたところ、母そっくりになったので、たぶん産みの母も兼任しています。

 if ( Android_OS_Exists() == false ) 

ピアニストは1日練習を休むと、取り戻すのに3日かかるという。
エンジニアもまた然り、とブログ更新を6ヵ月サボっていたかけなびは思うのであった。ブログの更新パスワードを思い出すのに3人日かかった。

さて、今回は2012年12月12日のAndroid Advent Calender「裏」として書かせて頂く。

本日の表は、Android界4大アイコンに顔が入りきってないアカウントの一人、@adakodaさんである。
もはや説明するまでもなく、あだこださんは、Androidの勉強会はもちろん、ビジネスシーンにも多大な影響を与えたAndroid Screen Moniter等をリリースされた大御所である。
数日前から「AdventCalenderのネタ考えてないわー」と俺を油断させているあたり、余裕である。
テスト前に「俺、勉強してないわー」と言いながらクラス最高点をたたき出すあたり、あだこださん恐るべし。いや、知らんけど。

先ほども触れたが、本日は2012年12月12日。121212。いふいふいふ。if if if。
コード解析ツールが「if分のネストが深すぎます」と警告を出さんばかりのifの数である。

ご存じのとおり、ビジネスの世界に「たられば」は禁物だ。
タラやレバーなどの好き嫌いが分かれるものは接待に出してはいけないという先人の知恵だが、本日はこのタブーにあえて逆らう。

「if ( Android_OS_Exists() == false ) // もしAndroidがなかったら」

いまや世界で最も普及しているスマートフォン用OSとなった、AndroidOS。
だが、もしこれが、なにかのきっかけで、世に生まれていなかったら?
2003年にアンディ・ルービン氏が起業していなかったら?
2007年にgoogleが買収していなかったら?

そんな2012年を大胆予想。

<大胆予想1:スマートフォンにおけるiPhoneの世界シェア120%達成>

Androidがなかったら。このテーマならば容易に想像できるパラレルワールド。
天敵のいない食物連鎖の頂点が見出した、限界を超えたすべての携帯電話がiPhoneの世界。
一人1台は当たり前。
飽和する市場を打開して成長するためにAppleが投入した、ペット対応Siri、「PeTalk」により一匹に一台の世界に。
その結果、iPhoneの全人類におけるシェアは100%を超えることとなる。
なお、ペットとの会話が楽しめることで人類を新たなステージに進化させたかに見えたPeTalkだが、iOSのバージョンアップに伴って自社製解析エンジンに置き換わることとなる。
その結果、急速にペットとの会話の精度が落ちる事態となり、ついにはCEOの謝罪にまで発展する。
なぜこのような経営戦略がとられたのか。筆者としては同時期に日本のタカラというメーカーからAppleに対し訴訟があったことに注目したい。後の世に伝わる「バウリンガル訴訟」である。

<大胆予想2:ガラケーによる世界進出成功>

2つに分かれるセパレートケータイだの、朝起きたらごみを捨てる日を案内してくれる機能だの、晩年のガラケーは、もう完全にSFだった。
あと3年放置していたら、ロボット型ケータイとか開発して、別の意味でAndroidになっていた恐れすらある。
世界進出に失敗した理由は各所で分析されているが、あえてAndroidがなければ世界進出に成功していたらと考えると、違う世界になっていたろう。
ガラケーの世界進出は、いくつかの要素技術の世界進出を伴う。

FeliCaの世界進出。
NFC界の第一人者がガラケーに乗って世界に船出。電子マネー決済はインフラを含め日本規格が世界を圧倒、実は晩年のガラケーには搭載されていたFeliCa間通信(FALP)によるiC送信がコミュニケーションを変える。
「ケータイをタッチする=電子マネーを払う」という意識を植え付けちゃうと、一般ユーザーは怖くてタッチを敬遠するという現象が、世界でも見られただけかも。

職人芸の域に達した省電力技術の世界進出。
決してスマートフォンの電池がもたないのではない。ガラケーがもちすぎたのだ。悟りを開いた僧と、ギャル曽根の食費を比較するようなものだ。
オープンではないから出来る世界もあるのだということは記憶にとどめて頂きたい。悟りはオープンしちゃってるけども。

強力なSIMロックの世界進出。
「SIMロック!うしろうしろー!」というネタを考えたのでご自由にお使いください。きっと世界進出できます。

ただ、いずれの場合も、ほとんどのガラケーは既に日本製のOSを搭載していなかった。
もしかするとAndroidがあろうがなかろうが、最も変わらなかったのはガラケーかもしれない。

それにしても外国のお年寄りは、どんな携帯電話を使っているのだろう。海外に、らくらくフォンはあるのだろうか。大竹しのぶの代わりに、ジュリア・ロバーツあたりが「私にも使えるー。押した感じがするー」とか言うてはるんだろうか。

<大胆予想3:ギャラケーによる世界進出成功>

Galaxyシリーズが世界を圧倒。ギャラクシーケータイ、そう「ギャラケー」として・・・。

<大胆予想4:Googleが独自のモバイル用OSを開発>

説明しよう。Chrome OS Mobileとは。あったかもしれない黒歴史である。

<大胆予想5:Androidクラスタの存在>
AndroidAdventCalenderを見ていて感じないだろうか。
この国の技術者には、これだけのモチベーションと技術力を持った方々がいるのだ。
これがもし、Androidが存在しなかったら、彼らのモチベーションと技術力は、どこに向かっていたというのか。
ソフトで世界を変えよう、アプリケーションで一儲けしてやろう、サービスサービスゥ!の塊のような方々だ。
Androidがなかったら、どこに向かっていたというのか。暴走したら手が付けられなかった。
まさかAndroidを拠り所にするつもりか。
そう、あれはオープンソースなんかじゃないの、Androidクラスタを留まらせるための拘束具なのよ。

<ここまでのまとめ>
LT用のネタとして考えていたネタでは大胆予測はまだ続くし、ブログでは書けない話もある。
そう、続きは勉強会で。
Android最大の功績は、オープンな技術により技術者のコミュニティが出来た事だから。
人月の神話に生きる人たちにはそれが分からんのです。技術者に選択肢を与えれば、自ら選ぶ意思を持った者たちは次のステージを目指す。AndroidAdventCalenderに名を連ねている方々を見れば分かる事。

Androidのない世界を考えてみたが、ダースベーダーの居ないスターウオーズのような世界になることは間違いないようだ。
そもそもAndroidAdventCalenderのない年末を想像できない。
他に大きなイベントのない年末に、このような貴重な機会を与えてくださった @youten_redo さんに心から感謝。
年末って他に大きなイベントないし。年末って他に大きなイベントないし。違う、これは汗だ。
もういくつ寝ると、納品日。

~モバイルの主役は5年ごとに入れ替わる。
  Androidがこのジンクスを破ってく発展してれることを祈って
   Android Advent Calender 2017 でお会いしましょう ~

彼のみぞ知る。

ごく普通のかけなびさんは、ごく普通の就職をし、ごく普通に通勤をしていました。
でも、ただひとつ違っていたのは、彼はAndroidクラスタだったのです。

いつもの平日。
駅までの距離から逆算すると、そろそろ終電に向けて会社を出なさいと、時計が教えてくれる時間。
これを逃すとタクシーで帰ることになるが、給料日前に危険な話だ。
「あなたが最終退出者です。お疲れ様でした」
機械の声と鍵の閉まる音に押し出されるように、会社を出た。
駅までは住宅地を抜けて、徒歩10分だ。
その程度の距離だからこそ耐えられるカバンの重さではある。

慌てて出てきたが、会社に忘れ物はないだろうか。
 ・GalaxyS
 ・NexusS
 ・ガラケー(SIMあり)
 ・エネループ モバイルブースター
 ・ガラケーのバッテリー ×2
 ・GalaxySのバッテリー
 ・NexusSのバッテリー
 ・iPad
 ・モバイルWi-Fiルータ
よし。問題ないな。

そんなことを考えながら住宅地の交差点を渡る。
どんっ。
衝撃と共に、次の瞬間、視界は中途半端に綺麗な星空でいっぱいだった。
なにが起こった。
身体を起こそうにも、右半分が全く動かない。ANRだ。レポートを送信したい。
「大丈夫か!?いま救急車を呼ぶからな!」
知らない顔だ。
「どうした」「何の音だ」
知らない顔が増えた。
相変わらず右半分は動かないが、身体を起こす努力をした。
「動くな!頭を動かすんじゃない!」
パジャマの知らない顔の人が怒鳴る。
そうは言っても、アスファルトの上にスーツで寝ているのは、決して快適ではない。
「これを、頭の下に敷くんだ」
ずず、ずずずずずー。遠くから何かを引っ張ってきてくれて、頭の下に置いてくれた。即席の枕だ。
重いカバンだった。

いや、頭は快適になったけど、その中にはiPadが!なにさっきのずずずずーって!そしていま頭の重みがiPadに!
某サイトの「今週のクラッシュ」がフラッシュバックした。
そういえば携帯電話はどこに行った。ガラケーを手に持っていたはずだが。
「あ、あの・・・」
「どうした!?どこか痛いか!?」
「いや、まあ、痛いんですけど・・・どこかにケータイ落ちてません?」
「ケータイ?」
暗闇の中、数名が何かを探す気配。
「あったぞ、にーちゃん。これ、カバンに入れとくからな!」
ぐらぐらぐらぐら。枕が揺れる。
「ありがとうございま・・・これ、フリスクみたいですけど」
「え?何が?!」
「いや、あの、これ、ケータイじゃなくてフリス」
「ありましたよ。そっちに落ちてました」
「ああ、ありがとうございます。えーっと、NexusSか。あの、他にも落ちてませんでした?」
「他にも?何が?」
「ケータイが」
「は?」
「こっちにもありましたよー」
「ああ、ありがとうございます。えーっと、GalaxySか。あに、他にも落ちてませんでした?」
「はあ?!」
「にーちゃん、あっちに白いのがあったんだが」
「ああ、これこれ。ありがとうございます」

なぜか何とも言えない空気が流れる事故現場に救急車とパトカーが到着し、現場は制圧された。

救急車が近くの整形外科に運び込んでくれ、起動したレントゲン室に車椅子で運び込まれ、白衣を着ながら医師が出てきた辺りで、ことの重大性に気付き始める。
もう終電ない。これは歩けない。お金あったっけ。ああ、救急車が帰って行く。
本格的な治療は明日からということで、応急手当が終わり、看護師から声をかけられる。
「あの、治療費は自賠責での支払いになるはずですが、一時金として5000円必要なんです。・・・大丈夫ですか」
救急車に乗ったとき計った血圧が無駄になるくらい血の気が引いた。
そうなのか。動く左手で財布を出す。7000円あった。笑顔で支払う。
「それでは、一時的のお預かりします。ところで、タクシーをお呼びしましょうか。帰れませんよね」
俺の血液型を申告した方がいいのだろうか。輸血の必要があるのではないか。というぐらい血の気が引いた。
ここはどこなのだ。家までどらぐらいのなのか。いや、家までいくらなのだ。

結論を申し上げると、無事にタクシーの運転手に「この金で行けるところまで行ってくれ」と伝え、帰宅に成功する。
そして階段の前で絶望することになる。
上がれない。
家に電話して降りてきて貰おう。もう日付が変わってしばらく経つが、まだ起きているだろう。
電話?
そういえば、拾ってくれたガラケーは無事なのか。SIMが入っているのはガラケーだけだぞ。
無事だった。
ただ、電池と電池蓋がない事を除けば。
どうやら衝撃で分解したようだ。
こんなこともあろうかと、カバンの中には予備のバッテリーがある。これを装着して電話をし、事なきを得た。

翌朝。
運転手からケータイに電話があった。
「昨日は本当に申し訳ないことをした。これからお詫びに伺いたい」
ほどなくチャイムがなり、匍匐前進で玄関に向かい、再会した彼は、不思議そうな顔をしていた。
「実は、私の車のワイパーに、ケータイの電池と電池カバーが挟まっていたのです。それなのにどうして電話が通じるのですか」

Androidクラスタに告げる。事故にだけは気をつけろ。話が、話が複雑になるからな。

後日談。
相手の任意保険の会社から連絡があり、事故で損害があれば保証するということだった。
損傷の大きかったNexusSが頭をよぎる。
「それは壊れたケータイもですか?」
「はい。修理代を負担させて頂きます」
「それは助かります」
「ちなみに、どちらのケータイですか?」
「えっ」
「ドコモとかソフトバンクとかauとか」
「あ、あの、その」
「そちらの窓口に修理を依頼して頂くことになりますが」
「そ、その、あの」

あなたのケータイ。快適マーク付いてますか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。