カテゴリ増えました。

これまで「フィクション日記」と「偽技術」の2つしかカテゴリがなく、「きゃー!ディジタルっぽーい!他にネタがないとかじゃなくて、2つだけで勝負してるー!かっこいー!他にネタがないとかじゃなくてー!」と結婚希望者が殺到するかなと思っていたが、どうやらそうでもないようなので、ジャンルをひとつ増やすことにした。
まめ知識として、ここまでを句読点通りに読むと、とても息が切れる。

Twitter社の買収が水面下で熱いらしい。
水面下が熱かったら、水がお湯になっちゃうじゃないか。下は大火事、上は洪水じゃないか。

googleとFaceBookが、買収交渉しているとの噂。
しかし10億ドルとも言われるTwitter社の時価総額。この2社とて容易ではないはず。
ここでもう一社ぐらいが「じゃあ俺も」と手を挙げたら、googleとFaceBookが「どうぞどうぞ」と言う流れになるはずだ。

では、もう一社とはどこか。仮にそこが買収したら、Twitterはどうなるのか。
考えてみたい。

仮説1:Amazonによる買収。
 「こんにちは、かけなびさん。おすすめのツイートがあります。」
 「このツイートをRTした人は、こんなツイートもRTしています。」
 「配送状況の確認」

仮説2:Adobeによる買収。
 「TwetReaderをアップデートしました。システムを再起動して下さい」
 「TwetReaderをアップデートしました。システムを再起動して下さい」
 「TwetReaderをアップデートしました。システムを再起動して下さい」

仮説3:楽天による買収。
 「エントリーでフォロワー数3倍!」
 「緊急期間限定セールでフォオワー数10倍!&特典付き!」
 「このツイートを評価して下さい。今後このフォロワーからのお知らせメールを希望しますか?」

仮説4:Microsoftによる買収。
 「TwitterUpdateへようこそ」
 「TwitterSearchのインデックスが作成されていません。インデックスを作成しますか?残り時間 17時間54分」
 「Twitter連携するExcelで驚きの新体験 (Office Proffesional 以上)」

仮説5:某放送協会による買収。
 「ちわー、某放送協会でーす、利用料のお支払いをお願いしまーす」
 「いや、うち、”ついったー”やってないんですよ」
 「でも、パソコンは持ってるでしょう?払って下さい」
 「持ってません」
 「でも、ケータイは持ってるでしょう?払って下さい」
 「持ってません」
 「でも、ツイッターって言葉知ってるでしょう?払って下さい」
 「たすけてー」

これはもう対立なんてしてる場合じゃない。電子書籍に参入したいgoogleがFaceBookと手を組んで、googleBookとかになりゃいいじゃないか。余ったFaceの部分は、古本屋のBookOffにでも買ってもらって。FaceOffに。

※ FaceOffはジョン・ウー監督のアクション映画。1997年に制作され、アメリカに進出したジョン・ウーの出世作。彼が手がけたものの中で『レッドクリフ』や『ミッション:インポッシブル2』に次いで成功した作品といえる。(Wikipediaより)

マイナーだけど好きなんだよ俺は。フェイスオフが。ニコラス・ケイジがずっと泣く直前みたいな顔で。
スポンサーサイト

Comment

No title
俺もフェイスオフ大好きです。あのラストの顔を自分で傷付ける展開とかエー!ってなったなった。

それはともかく、その逞しい妄想が羨ましくて仕方ありません。
愉快です。何処が買うんでしょうねえ。
  • 2011/02/18 21:54
  • vezihgth
  • URL
No title
買い取られたFaceOffには鳩が舞って2丁拳銃。
そしてピーチ。
なんかこの程度のコメントだったら、ツイートしたほうが良かった気がしてきた。
  • 2011/02/19 19:19
  • みら
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。