iPhone5買いました。

ブログのお題を募集したら、こんなお題が届きました。
・・・・・。

な、なんでバレたんですか!
そうなんですよ、買っちゃったんですよー、iPhone5!
ずっと、ずっと欲しかったので、嬉しくて嬉しくて。
ずいぶん待たされましたからね。

2011年のiPhone4S。性能的には申し分なかったものの、画面サイズが小さいなどの不満がありました。
そこで投入された、iPhone4M。さらにはiPhone4Lと来て、次は5か!と思ったら、iPhone4XL。
iPadより大きなiPhone4XLの発表には、さすがにここまでかと思ったものです。
しかし、起死回生のiPhon4LDKで、憧れの庭付き一戸建てとなったときには、auの庭での意味がようやく分かったりして。

実は、今だから話しますけど、あんまり待たされたから、iPhone以外に変えちゃおうかなとも思ったんです。
AmazonのKindlePhoneとか、電子書籍を電話注文で配達して貰えるっていう画期的なビジネスモデルで話題じゃないですか。microSDで届く電子書籍。1冊から配送料無料だけど、microSD1枚なのに、大きな段ボールで届いて、夏休みの工作にも活躍してるらしいですよ。
他にも、世界のトヨタが出した、プリウスPhoneなんて、スマートフォン初のハイブリッドですもんね。電池があるうちは電池で、電池が少なくなってきたら、なんとコンセントにつないで使えるんですって。なぜかあまり売れなかったらしくてみた事ないですけど。
あとはやっぱり、iPhone対抗本命と言われたヒューレットパッカードのHPhone。なぜか日本でだけ飛ぶように売れて、飛ぶように返品されたらしいですね。公衆電話ボックスに付箋紙のような広告を大量に張るという広告戦略が成功したのでしょうか。

ところで皆さんは、何色のiPhone5にしました?
うちのチームのリーダーは、赤一択だって言ってました。
私はやっぱりカレーが好きなので黄色にしたんですけど、女性はピンクしか選びようがないって不評らしいです。それと、ミドレンジャーのインパクトが弱すぎです。
5台あれば合体変形するらしいんですけど、なかなか個人でそろえるのは難しいですよね。どんなロボットに変身するのか、すごく興味はあるんですけど、5台揃えた人に聞いてもなかなか教えてくれないんですよ。
いろいろ調べた範囲では、最もインパクトの弱い緑色の端末が前面に押し出されて、全身緑色のロボットらしいんです。顔が丸くて表情も全身の構成もかなりシンプル・・・ロボットというより・・・そう、アンドロイドのような。

更新の遅れた ただ1つの言い訳

最近、「○○を××する△の方法」といったテンプレートに従った記事や書籍を
多く見かける。
少し観察してみると、2極化しているようだ。
多くの方法を述べて選択させるか、少ない方法でピンポイントを狙うか。

だが、「うまい棒を2秒で食べきる4096の方法」などの、多すぎるものは
見当たらない。読むのが大変だからか、書くのが大変だからかは知らない。
実践するのに40,960円もかかるからかもしれない。

さらに、「宝くじで損をしないただ1つの方法」などの、少なすぎるものも
なかなか見当たらない。フリーペーパー並みの薄さで済んでしまうからだろうか。
内容が「買わない」の4文字で済んでしまうからかもしれない。

書き手の視点で考えてみると、章構成が細切れになり、それぞれの章同士で
矛盾さえしなければ良いことから、自分の経験に基づいて淡々と述べやすい
事があある。
交渉術について書いてある書籍を購入して読んでみると、交渉を成功させるには
事前の準備が大変重要であり「交渉前に根回しの交渉をしておくこと」がポイント、
とあったものの、その交渉方法の記載がなく地図でブックオフを確認したことがあるが、
まあそういうことである

読み手の視点で考えてみると、自分に合った項目を実践すれば良く、
さらに1点豪華主義にするのか質より量にするのか選択肢ができる。
「10日で受かる!○○資格試験!」というドリルを解いていてページをめくったら、
「11日目」があったのでカレンダーで資源ごみの日を確認したことがあるが、
まあそういうことである。

双方にメリットがあるのならば、筆者もやぶさかではない。
どのようなタイトルならば、筆者の持つノウハウを読者の皆様にお伝えしつつ、
読者の関心を集めることが出来るだろうか。


「2進数を理解する 100の方法」

どっちだ。100って、どっちなんだ。
10進数なのか、2進数なのか。


「これだけ知っておけば大丈夫!ビジネスマナー選 3000」

選んだ?ねえ、ほんとに選んだ?


「この本を買わけなければならない ただ1つの理由」

買う前には読めないし、買っちゃったら理由は要らないし。
このはしわたるべからず、みたいなことになってるぞ。


「5歳までに習得するべき 40のプログラム言語」

まさにドッグイヤー!IT業界の時の進みは7倍だぜ!


「日本の珍しい苗字 8000万種」

趣旨が変わってきてますよ。


「プログラマが習得すべき 最低限の1つの言語」

日本語。


「デスマに巻き込まれるあの人が実践してる 4989個の仕事術」

既に、数字が四苦八苦してるがな。


「徹夜明けに混ぜて飲むべき 栄養ドリンク12種」

や、やめろ。医薬品って読めないのか。っていうか、なんか固形ぶゴクン。


「1銭定食屋 100選」

どっちだ。だから、どっちせんなんだ。


「今回こんなネタで すみま選」

プロジェクト名って怖いのよ。

プロジェクトには魂が宿る。
いきなり非科学的な入り方をしたが、IT業界に5年ほど身を置くと、そんな事を考えるようになる。
人が携わる以上、そこには数字で割り切れない何かがある。

人は自称や物体に名前を付けたがる。
区別するという名付けが持つ本来の意味を超え、昨今で言うところの擬人化のために名前を付ける事もあるようだ。
現実に、私の愛車である日産マーチには「まいっちんぐマチ子さん」という凛々しい名前が付いているわけだ。

さて、プロジェクトには名前が付けられている場合が多い。
愛想のない「金融取引の高度高速化と円滑化のためのシステム」といったものもあれば「M51」といったウルトラマンがやって来そうなアルファベットだけの名前もある。
アメリカの某半導体メーカーなどでは世界各地の川の名前をプロジェクト名に設定したりする。固有名詞や地名には著作権がないかららしい。なるほど、プロジェクト名を訴えられたらシャレにならん。プロとしての仕事がリジェクトされてしまう、プロジェクトだけに。ほら、シャレにならん。

だが、関わっている者が望むと望まないに関わらず毎日見聞きしなければならないプロジェクト名には、もっと意思を持たせるべきではあるまいか。
ここでプロジェクト名を考えてみる。

プロジェクト:「不夜城」
 決して止まる事の許されないシステム開発のプロジェクトに命名。システムに命名するならまだしも、開発現場が不夜城になった事は言うまでもない。

プロジェクト:「シンデレラ」
 ユーザー認証にガラスの靴のような精密さを求め、狙ったユーザー以外はログインさせないという鉄壁のセキュリティ。開発要員は12時になるとカボチャの形をした終電が迎えにくるという。あ、昼間は奴隷のように働かされたとか。

プロジェクト:「明智光秀」
 敵は仕様変更にあり!と勢い付いてクライアントの元に言ったが、三日後には全て言いなりだったという伝聞が残っている。本能寺ではなくプロジェクトが炎上。

プロジェクト:「365歩のマーチ」
 不具合は〜♪ちっとも減らない〜♪だ〜から〜直してゆっくんだね〜♪1日で1つ〜3日で3つ み〜っつなおして ふたつバグる〜♪
 間違いない。別のマーチになってる。日産じゃない方の。デスが付く方の。言わせんな。

プロジェクト:「全自動デバッグマシーン 人力君2号」
 おい誰だ。ここに俺の昔の企画書を混ぜといた奴は。

ここまで書いて分かったが、システム名とプロジェクト名を混同しているのではないか。
でも、大丈夫。
プロジェクトマネージャーの略は、PM。
システムマネージャーの略は・・・あれ?

鼻うがい。

「痛くない鼻うがい ハナノア」である。

ただの生理食塩水のくせに、980円と大変高価。
だが、さすがに高価なだけあって効果がある。
アーといいながら鼻から流し込むと、もうなんていうか、えらいことになる。

もしかして私の鼻低すぎ!?

それはそうとして、鼻うがいをしたことがある人の方が少ないはずだ。
かく言う私も、この製品を買うまで、鼻うがいをしたことはなかった。
そこで「痛くない鼻うがい」だ。
たったこれだけで「あ、鼻うがいって痛いんだ、でもこれを使うと痛くないんだ」という事がわかる。
仮に鼻うがいが痛いものではなかったとしても、このキャッチコピーは嘘を言っていない。
にも関わらず、革新的商品のような印象を与えうる。
他に使えないものか。


「二日酔いにならないお酒 フリー」
「バッテリーを気にしなくて良い電話機 固定電話」
「つらくない深夜残業 デスマ」

応用など不可能だったらしい。
まあ、会社の大掃除をしながら考えるのだから、この程度だろう。
掃除に集中しているのだ。

だがしかし、大掃除をしていたら鼻の置くにホコリが溜まったらしい。調子が悪い。
まさかこれを会社のお手洗いでしなければならないとはな。

説明書を再読。あーと言いながら鼻に流し込む。
あーびちゃびちゃびちゃ。
「お、こんなとこにいたんですか。お客さんから電話ですよ、かけなびさ・・・うわ!」
びちゃびちゃ。
べくしっ。

次は精神的にも痛くない鼻うがいをお願いします。

公平性。

あまり知られていない事だが、世の中の飛行機のほとんどは、離陸と着陸の回数が同じだ。
きっとあなたが電車に乗った回数と降りた回数も同じはずだ。
いただきますとごちそうさまも、同じ回数だろう。

だが、世の中にはバランスの悪い事がいくつも存在する。
私を例えにだすと「好きだ」と言った回数と言われた回数が、明らかに異なる。
妙な事に「好きだ」と言った回数と失恋の回数に関係が見られるが、あえてここでは触れない。
なぜなら、私の精神力が残り少ないからだ。こんなことで教会のお世話になるわけにはいかない。

毎日の職場に目を向けてみると、「お先に失礼します」と言った回数と言われた回数のバランスが悪い。
そう。言われ過ぎなのだ。
毎日言われるが、今年に入って言った事がない。
決して私が挨拶が嫌いなわけでも失礼なやつなわけでも、「今日はこれにてドロンします」などの昭和のギャグを炸裂させているからでもない。
退社するときにはきちんと毎回戸締まりをして帰るような、よく出来た男だ。
戸締まり。
お先に失礼しますは言ってないが、戸締まりは毎日。
それはつまり。
他の人よりしごとがおそ

・・・どこからか声が聞こえる。
おお、かけなびよ。死んでしまうとは情けない。

あー、進捗率が半分にー。あー。経験値はそのままだけどー。体力が半分しかー。あー。
わからない人は、ドラクエを知ってる人に聞いてねー。

閑話休題。
そろそろ技術的な事を書かなければ、ただのフィクション日記ブログだと思われてしまう。
第一印象が大切よ!
いまならまだ間に合うわ!
なにか、なにか技術的な事を言うのよ!

ブログを書くプログラマー。ブログラマー。

よしっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。